交通事故の賠償は重大

交通事故を起こしてしまうと賠償責任が発生することになります。
事故の規模によって賠償責任も変わってくるのですが、逃れることはできません。
任意保険に加入していれば保険会社から被害者に対しての様々な補償がありますので、さほど心配の必要はありませんが、無保険だった場合には、どうしても自腹を切るといった部分が出てきてしまいます。

任意保険に加入していない場合であっても、自賠責保険を使用することもできますが、被害者に怪我をさせてしまったなどの場合には自賠責保険だけではカバーできないことも多々あります。
また仕事中の事故であれば労災が信用できるのですが、これは会社側が労災を使用してくれなければ最終的には自分で何とか解決するしかなくなってしまいます。
ただ、仕事中の事故に関してはどうしても会社側に運行供用者責任が発生するため、会社からは労災が使えないと言われても会社側に何らかの協力を求めることができます。

最悪のケースとして自賠責保険も切れていたといった場合には政府保障事業からの補償を受けることができますが、これは被害者側が請求しなければなりませんので加害者が請求しても意味がないものとなっています。
自賠責保険と政府保障事業は同じ金額での補償を受けることができますが、前述の通りそれだけでは足りないことが多いので、自腹を切っての補償も考えなければなりません。

大きな事故になってしまうと賞金額も多額になるため、これを理由に破産する人などもいるようです。